亀頭増大・亀頭強化(早漏改善)

早漏治療 福岡市内から 【診療録23】挿入後すぐに

本日は福岡市内から早漏でお悩みの30代の患者様がご来院されました。

 

以前より早漏で悩んでいたそうで、今回当院の医療コラムをいくつかご覧になってご相談に来られました

現在は決まったパートナーの方と長くお付き合いされているそうなのですが、どうしても性交渉の際に自身の早漏が気になって悩んできたそうです。パートナーの方は気にされていないそうなのですが、患者様は何とかしたいとの事。お話をお聞きしますと日によっては挿入して、本当にすぐに射精に至ることもあるそうで、ご本人様としては深刻に悩んでおられました。

 

 

 


詳しくはこちらへ

 

 

 

新型コロナウイルスに対して当院の対応について

現在は午前中に1名、午後の早い時間帯に1名、午後の遅い時間帯に1名といったように
予約数に制限を設けております。完全予約制のため、ご予約枠に空きがない場合、
別のお日にちでのご案内となりますので事前にご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

個人クリニックならではの強み

クリニックを選ぶ際に「料金」ばかり気にしていると、いざという時に
困ることがあります。治療は治るまでが治療であることをお忘れなく。

 

 

 

以前の医療コラムでもお話したのですが

早漏治療についてはいくつかのポイントがあります。単純に性的刺激に患部が弱いという点。あともう一点が性的興奮の影響。

性的刺激に弱いというのは、大変個人差があり、例えば普段の生活でお風呂で洗う行為自体が敏感で難しいとおっしゃられる方もおられます。しかし、今回のケースはそうではありません。日常生活の刺激は問題なく性交渉の際に敏感に感じるとの事。この場合、ほとんどが通常時のペニスの状態を診ますと包茎の方がほとんどです。普段から亀頭が包皮に守られているため、亀頭粘膜が外の刺激に対して弱い。ではその場合、どのような治療を行うとよいのでしょうか。

 

 

 

東郷院長の診察

診察時にペニスや亀頭の状態を診ますと粘膜が弱い印象。お話を聞く限り性的興奮の影響も考えられるが、まずは限定注入プランを適用し、経過観察することとなりました。この治療は主に敏感な部位に注入を行い、亀頭の粘膜を鍛えていく治療となります。

この亀頭強化術に関しては、術後すぐに効果実感できるものではありません。薬剤を注入しますのでその範囲には張りが出た印象は感じられると思いますが、ここから術後説明に沿っていただき経過観察となります。また経過のご連絡を患者様からいただきましたら、この医療コラムで経過のお話をさせていただきたいと思います。術後は当院より処方します抗生剤服用および注意事項をしっかりお守りいただくこと、治療後すぐは注射で行いますので多少出血もあります。性交渉は出血が止まれば可能ですが術後感染のリスクはありますので注意が必要です。

 

 

 

今回のオペ内容

早漏・亀頭強化術
東郷式・早漏改善ビルドアップ法
【限定注入プラン】
タイプS 2cc ¥99,000-(税込)

 

 

 

(手術時間)
15分から20分が目安となります。

(麻酔について)
局所麻酔。負担が少ないよう段階的に麻酔を行っています。

(内服薬・軟膏塗布について)
当日より当院より処方する抗生剤を服用していただきます。
シャワー対応後、患部にお渡しする軟膏を塗っていただきます。しばらくこの手順で経過観察となります。
術後ケアについては治療後に詳しく内容を記載したものをお渡ししますのでご安心ください。

(経過来院について)
治療後、原則経過来院の必要はありませんが、ご予約のうえで随時対応。

(日常生活や仕事に関して)
当日はできるだけ安静にしていただきます。

(術後の患部の痛み・腫れや浮腫みについて)
麻酔等の影響で 1ヵ月ほど腫れや浮腫みが出やすい。
治療後、個人差はございますが痛みを感じる方が多くおられます。
そのため、痛み止め等の処方を行っておりますのでご安心ください。

(シャワーやお風呂について)
当日よりシャワー対応可能。出血が止まれば、湯船も可能。

(性行為や運動について)
患者様の経過により異なるが、出血が止まれば可能。

(ご来院からお帰りまでの所要時間)
1時間から1時間半ほどが目安となります。

術後は医師の指示に従ってください。

 

 

 

 

 

早漏に関しては特に男性側が気にされるケースがほとんどです

当院に早漏治療のご相談でご来院される世代層は20代から40代の方がほとんど。様々な要因があるなかで、患者様のペニスの状態や性交渉・マスターベーションの頻度を考慮し治療を行っております。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

早漏を改善するためには包茎手術を受けなければならない

そんなことはありません。ペニスの状態により今回のように切る治療をしなくても、効果期待できる治療があります。特に仮性包茎に関しては手術の必要は原則ありません。早漏治療のために包茎手術を受けるリスクを考えるのであれば、まずは負担の少ない治療から考えてもよいのではないでしょうか。

あとはその患者様のペニスの状態に合わせて、日常生活でおこなって欲しい事柄や訓練方法がありますのでしっかりとご対応いただきます。できることは日常生活で多岐に渡ります。いきなり改善するのは難しい早漏ですが、根気よく継続していくことを当院も共に見守って参ります。

 

 

 

(患者様からの口コミアンケート 一部抜粋)

当院で治療を受けられた患者様の術後アンケート(随時更新中)

 

 

 

完全予約制で土日祝も診療可能です。

数ある病院・クリニックから当院を選んでいただきありがとうございます。
ここで皆さまに当院の院内・オペ環境や当院の取り組みについてご紹介いたします。

 

ご来院をお考えの方は必ずご確認ください。

 

明瞭な料金提示

当院の治療費用には診察料・麻酔代・手技料・投薬などの費用がすべて含まれています。
そのため、料金表以外の費用は一切かかりませんのでご安心ください。
詳しくは当院ホームページにございます料金表をご確認ください。

 

 

 

福岡・博多で早漏治療なら東郷美容形成外科 福岡メンズ

東郷美容形成外科 福岡メンズ
【男性のお悩み相談室 早漏治療】  

フリーダイヤル:0120-15-0605
メール:mens@togo-clinic.net

福岡市博多区博多駅前2-17-26
オオエスビル2階
診療時間10:00~18:00 (完全予約制)
博多駅博多口徒歩3分

 

 

 

 

 

記事監修医師 東郷美容形成外科 福岡メンズ 院長 東郷智一郎 -WRITER-

医療法人東耀会 東郷美容形成外科 福岡メンズ 院長:東郷智一郎

日本形成外科学会専門医・日本美容外科学会(JSAS、JSAPS)正会員・日本皮膚科学会正会員 形成外科医として大学病院の医局長、そして大手グループの美容形成外科院長を歴任し、福岡・JR博多駅前で東郷美容形成外科 福岡メンズを開院。