亀頭増大・亀頭強化(早漏改善)

亀頭増大 長崎県諫早市から【診療録173】2年前の入院時に

 

本日は長崎県諫早市から亀頭増大を希望された40代患者様がご来院されました。

 

治療の経緯

この患者様は、包茎やペニスの見た目で悩んできたそうです。2年ほど前に入院経験があるそうで、その際に恥ずかしい思いをしたとおっしゃられていました。包茎治療を考えた際に手術の傷痕が気になり、治療をずっとためらっていたとの事。20代から何年も悩んできたので、できることはやり切ってしまいたいとおっしゃられていました。事前にお電話でのご相談をいただき、今回治療を希望されてご来院となりました。

 

 

 

 

感染症防止 長崎県諫早市

新型コロナウイルスに対して当院の対応について

現在は午前中に1名、午後の早い時間帯に1名、午後の遅い時間帯に1名といったように
予約数に制限を設けております。完全予約制のため、ご予約枠に空きがない場合、
別のお日にちでのご案内となりますので事前にご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

個人クリニックならではの強み

亀頭増大術後ケア 長崎県諫早市

クリニックを選ぶ際に「料金」ばかり気にしていると、いざという時に
困ることがあります。治療は治るまでが治療であることをお忘れなく。

福岡・博多・天神で手術を受け、術後の緊急時対応で夜間でも駆けつけてくれる執刀医がどれほど
いると思いますか。

大手クリニックチェーンに多い、医師が出張で手術を行っている医療機関では、このような対応は難しいかと思われます。
当院のように院長が常駐しており、緊急時もすぐに駆け付けて対応できる医療機関は、実際大変少ないと思われます。

 

本当に患者様が治療後も安心だと感じる、術後のアフターケア対応はこういうことだと当院は考えます。

 

 

仮性包茎の場合

当院の考えとしては仮性包茎については必ずしも手術が必要だと考えておりません。しかし、患者様のペニスの状態によっては、衛生面の改善・毛巻き込みや皮膚疾患等のリスク改善・今後の入院時や介護に備えて治療を受けたいなど、ご本人がどのような目的で治療を考えているかにより、仮性包茎であっても手術対応をおこなっております。

特に包皮が被る際に毛が巻き込んで痛い・衛生面が気になる・臭いが気になる・炎症などの皮膚疾患を繰り返しているなど、患者様の状態によっては治療を受けることが望ましいと判断するケースもございます。そういった点を踏まえますとご自身がどのようなことで悩んでいるのか、その悩みを改善・リスク軽減ができるのであれば、包茎手術を受けることで改善できるメリットも多いものだと考えます。

 

 

 

 

お腹が出てきてペニスの見た目にも変化が

30代・40代の患者様に多いケースとして、体型が変わりお腹が出るようになってからペニスの見た目が気になるようになったという方が大変多くおられます。お腹が出てくることで包皮が被りやすくなったり、ペニス自体がお腹に埋もれるような形状になって見た目で悩むようになってきたとご相談やペニス自体が以前より小さく見えるようになってきたとおっしゃられる方が多くご来院されています。

 

 

 

 

男性に多い体型の変化と共に見た目にも変化が

今回の患者様もそうだったのですが、体型が変わりお腹が出るようになってからペニスの見た目が気になるようになったという方が多くおられます。下腹部に埋もれるようになったペニスは見た目もそうですが、包皮が被りやすくなる傾向があり衛生面と共に臭いなどを気にするようになったというお話を良くお聞きします。特に排尿時に自分でペニスが見えずらい状態になってきたと感じてくることがあれば注意が必要です。体型の変化は、様々な内科疾患やペニスが下腹部に埋もれていく埋没陰茎と呼ばれる状態になる要因となります。

 

 

 

ペニス全体の見た目・ボリュームアップのポイント

ペニスは大きく分けて亀頭部と陰茎部に分かれます。ペニス全体のボリュームアップや見た目を逞しくしたいと考える場合、この両方の部位を確認し、現状のペニスの印象を基準にどのようにすれば、患者様の希望に近い形状にできるかを診察で判断していきます。そのため、ただ単に大きさだけを求めても、逆に不自然な状態になるケースもあるため、当院ではできるだけ違和感のない自然な形状・全体のバランスを考え、治療プランを患者様と一緒に考えていきます。

 

 

 

傷痕が気になるので切る治療はしたくない

仮性包茎に限って有効な方法なのですが、以前は露出癖がついていたという方や体型や包皮の状態等を考慮して、傷痕を作らず状態改善を目的にした治療となります。亀頭増大治療を応用し、剝き癖をつけていく方法となるのですが、効果が得られないケースもあるため、診察での判断が必要です。この方法のメリットは包茎手術自体の傷痕ができないこと、そして同時にペニスの見た目もボリュームアップした状態になることがあげられます。しかし、先ほどお話したように体型や包皮の状態等を考慮して、治療部位やご自身の協力が必要な点もあるため、事前に治療内容をしっかりとご理解いただくことが大切です。

 

 

 

 

包茎もペニスの見た目も気になる

本来は包茎治療と同時に亀頭増大を治療を行うことで根本的にペニスの衛生面や見た目を完全することが可能です。特に包茎治療をおこない、包皮で隠れていた亀頭部が露出しますと本来の亀頭の大きさがはっきりと分かるようになります。元々、亀頭部の先細りを気にしておられる方であれば、陰茎部の形状に合わせてポイントを作って亀頭増大をおこなうと、よりバランスのとれたペニスになり見た目にも逞しさがプラスされます。当院では患者様の希望に基づき、根本的に包茎治療をベースに亀頭増大治療を併用するケースもあれば、今回の患者様のように亀頭増大治療を応用した切らない包茎治療を希望される方も多くおられます。

 

 

 

 

見た目に目立ちやすい亀頭部

ペニスの見た目で、特に気になるとご相談の多い部位としては亀頭部の見た目が圧倒的に多い印象です。特に萎縮傾向が出てくると先細りの状態に見えるケースが多く、この部分が若い頃に比べて見た目に変化が出やすい部位のひとつだと考えます。性行為が現役の方であれば、この亀頭部の治療をベースにすることで亀頭のハリや弾力を改善し、見た目の印象としてはドシッとした状態になります。目立ちやすい亀頭部がボリュームアップするだけでも、逞しい印象のペニスなると思います。

 

 

 

 

亀頭増大治療で使用する薬剤

近年は様々な注入製剤があり、目的や効果に応じてある程度の選択ができるようになりました。一部の製剤に関しては樹脂的なものを注入することで薬剤自体が残るので効果が高いとの事で大変高額な負担を強いられるものも存在します。しかし、事前に治療リスクを理解し、治療をおこなわないと完全なる異物についてはアレルギー反応や血流障害などが起こり、治療後にトラブルになるケースもあります。

 

注入後、簡単に除去できるといった説明のもと治療をおこなってる男性クリニックもあるようですが、注入した異物を100%除去することは難しいと思われます。一部組織に入り結合してしまったものについては、組織ごと除去する必要があるケースも考えられるため、元々の形状を大きく損なう可能性があります。そのため、当院では安全性を第一に考え、注入製剤の種類や注入量についても厳しい基準のもと治療をおこなっています。術後の血流障害などのリスクを考えますと、この判断を誤ることはできません。

 

 

 

 

患者様のお悩みとは

何年も前から包茎とペニスの見た目で悩んできました。20代から気にしていたのですが、2年ほど前に入院することがあり、その時の経験から今後の入院や介護の事を考えるようになりました。誰かのお世話を受けることに対し、大変恥ずかしいと思う気持ちがあり、今回いろいろとお電話で相談し、治療したいと思っています。ようやく決心したのでできることはやり切ってしまいたいのですが、手術後の傷痕などに不安を感じています。

 

 

 

 

東郷院長の診察

体型の影響もあり、包皮に陰毛が巻き込みやすい状態。陰茎部は比較的しっかりしているが、亀頭部の先細り傾向が強く包皮が大変被りやすい状態。仮性包茎のため、手術自体は必ずしも必要ではないが亀頭部を露出し、衛生面や見た目を完全するのであれば、根本的に包茎手術は大変有効。しかし、手術をすれば傷痕は目立ちにくい部位にもってこれたとしても残ってくる。ご本人の希望から切らない治療を適用する場合、亀頭増大治療を応用し、剥き癖やボリュームアップをする治療をベースにすることも可能だが、体型改善の必要あり。

 

 

 

今回のオペ内容

亀頭増大術
東郷式・スタンドアウト法
タイプL 1cc ¥96,800-(税込)
(スポーツ紙連動・治療プラン)

 

 

 

 

術後の患者様

今回は患者様の希望を考慮し、切らない治療をベースにすることとなりました。元々の陰茎部の形状を生かし、亀頭部の露出癖およびボリュームアップを目的に亀頭増大治療を行なうこととなりました。注射のみの治療という事もあり、治療時はあまり緊張されていないご様子。段階的におこなう麻酔もスムーズにおこなえ、治療も問題なく終了。術後直後の状態を確認いただき、ご自身のイメージしていたよりも逞しく見える状態となり、大変お喜びいただけました。より良い状態を維持できるよう、今後は体型改善の努力もしていただけるとのことです。治療後は日常生活での注意事項についてもしっかりとお話させていただきました。

あとは当院よりご案内する術後の注意事項をしっかりお守りいただくことが大切です。例え注射だけでおこなう治療であっても、術後の感染リスクはゼロではありません。しっかりと抗生剤投与および軟膏での対応を患者様自身におこなっていただきます。患部が落ち着くまではペニスの衛生面に注意していただくことが大切です。

 

 

 

(手術時間)
15分から20分が目安となります。

(麻酔について)
局所麻酔。負担が少ないよう段階的に麻酔を行っています。

(内服薬・軟膏塗布について)
当日より当院より処方する抗生剤を服用していただきます。
シャワー対応後、患部にお渡しする軟膏を塗っていただきます。しばらくこの手順で経過観察となります。
術後ケアについては治療後に詳しく内容を記載したものをお渡ししますのでご安心ください。

(経過来院について)
治療後、原則経過来院の必要はありませんが、ご予約のうえで随時対応。

(日常生活や仕事に関して)
当日はできるだけ安静にしていただきます。

(術後の患部の痛み・腫れや浮腫みについて)
麻酔等の影響で 1ヵ月ほど腫れや浮腫みが出やすい。
治療後、個人差はございますが痛みを感じる方が多くおられます。
そのため、痛み止め等の処方を行っておりますのでご安心ください。

(シャワーやお風呂について)
当日よりシャワー対応可能。出血が止まれば、湯船も可能。

(性行為や運動について)
患者様の経過により異なるが、出血が止まれば可能。

(ご来院からお帰りまでの所要時間)
1時間から1時間半ほどが目安となります。

術後は医師の指示に従ってください。

 

亀頭増大 長崎県諫早市 口コミ

 

 

 

当院よりひとこと

今回のように切らない治療を希望される患者様が大変多くご来院されています。特に包茎治療に関しては術後の傷痕について不安があるとのお言葉も多く、なかには職業柄、仕事の影響を懸念して切る治療は避けたいとのおっしゃられる方も多くおられます。現状、包茎の状態や体型を考慮し、切らない治療の適用が難しいと判断されるケースもございますが、術後の生活習慣等で体型改善の努力をしていただければ、若い頃のように露出癖がつくようになるケースも大変多くお見受けします。

しかし、治療として考える場合、いくら希望があっても有効ではない方法でのご案内をすることは難しく、根本的に切る治療の適用鹿できないと判断されることがあれば、この診断結果を基に治療についてお話することとなります。仮性包茎以外のカントン包茎や真性包茎の場合は必ず切る治療がベースとなりますので、切らない治療は適用不可となります。

 

 

一般的に男性の方は中年期以降、体型の変化の影響により包皮が被りやすくなったと感じられる方が大変多いようにお見受けします。若い頃はそこまでお腹が出ていなかったこともあり、陰茎部の露出状態が保てていることであまり悩むことのなかった方も、お腹にペニスが埋もれていくようになると状態は一変します。そして、勃起頻度等も減ってくることでペニスの萎縮傾向が顕著に現れてきますと、ご自身でも見た目の変化を強く感じるのではないかと考えられます。

 

若い頃のように少しでも見た目に逞しく、ハリや弾力のあるペニスにしたいとお考えであれば、亀頭増大や陰茎増大は大変有効な治療方法の1つとなります。術後直後から分かりやすくボリュームアップしたご自身のペニスの変化を見れば、長年悩んできた方も自信に変わるのではないかと思われます。治療でできることには限界はありますが、治療を受けられた患者様は術後の状態を確認し、びっくりされる方が大変多くおられます。

 

今回の患者様が受けられた東郷式・亀頭増大術スタンドアウト法の治療ですが、当院独自でおこなっている亀頭増大術の治療法です。比較的少ない注入量であってもポイントを絞り、元々の形状よりも逞しい印象になると多くの患者様に評価をいただいております。亀頭増大術は一般的に注入量が多く必要だとご案内を受けるケースが多いと思われます。しかし、元々の形状を生かして効果的な注入範囲を正しく判断することで注入量を抑えることも可能です。もちろん、患者様の希望する術後のイメージに沿ったご案内をしておりますので、治療をお考えの方は一度ご相談にお越しいただければと思います。

 

 

亀頭増大 長崎県諫早市 口コミ

(患者様からの口コミアンケート 一部抜粋)

亀頭増大 長崎県諫早市 口コミ亀頭増大 長崎県諫早市 口コミ

治療・手術後にいただいた患者様からの口コミアンケート(随時更新中)

 

 

 

完全予約制・男性フロア貸し切り

数ある病院・クリニックから当院を選んでいただきありがとうございます。
ここで皆さまに当院の院内・オペ環境や当院の取り組みについてご紹介いたします。

 

 

明瞭な料金提示

当院の治療費用には診察料・麻酔代・手技料・投薬などの費用がすべて含まれています。
そのため、料金表以外の費用は一切かかりませんのでご安心ください。
詳しくは当院ホームページにございます料金表をご確認ください。

 

 

 

福岡・博多で亀頭増大なら東郷美容形成外科 福岡メンズまでご相談ください。
亀頭増大 福岡博多

 

東郷美容形成外科 福岡メンズ
【男性のお悩み相談室 亀頭増大】  

フリーダイヤル:0120-15-0605
メール:mens@togo-clinic.net

福岡市博多区博多駅前2-17-26
オオエスビル2階
診療時間10:00~18:00 (完全予約制)
博多駅博多口徒歩3分

亀頭増大 長崎県諫早市

 

 

 

 

 

 

記事監修医師 東郷美容形成外科 福岡メンズ 院長 東郷智一郎 -WRITER-

包茎手術 名医 監修

医療法人東耀会 東郷美容形成外科 福岡メンズ 院長:東郷智一郎

日本形成外科学会専門医・日本美容外科学会(JSAS、JSAPS)正会員・日本皮膚科学会正会員 形成外科医として大学病院の医局長、そして大手グループの美容形成外科院長を歴任し、福岡・JR博多駅前で東郷美容形成外科 福岡メンズを開院。

福岡・博多で包茎手術・長茎手術・亀頭増大・陰茎増大なら東郷美容形成外科福岡メンズへ