亀頭増大・亀頭強化(早漏改善)

亀頭増大 福岡県大牟田市から 【診療録137】 体重が増加して

本日は福岡県大牟田市から亀頭増大を希望された50代患者様がご来院されました。

 

治療の経緯

この患者様、以前は大変痩せられていたそうなのですが、40代に入り体重が30kgほど増加。そのため、ペニス全体の見た目も以前とは様変わりし悩むようになったとの事。仮性包茎だったので治療等も考えていなかったそうなのですが、お腹が出てきてペニスが埋もれるようになってからは包皮も被りやすくなったそうです。50代も半ばを過ぎ、今後の入院や介護を考えてペニスの見た目を改善したいとご相談に来られました。

 

 

 

 

新型コロナウイルスに対して当院の対応について

現在は午前中に1名、午後の早い時間帯に1名、午後の遅い時間帯に1名といったように
予約数に制限を設けております。完全予約制のため、ご予約枠に空きがない場合、
別のお日にちでのご案内となりますので事前にご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

個人クリニックならではの強み

クリニックを選ぶ際に「料金」ばかり気にしていると、いざという時に
困ることがあります。治療は治るまでが治療であることをお忘れなく。

 

 

体型の変化と共に見た目が変わった

当院にご相談に来られる患者様にお話をお伺いしていると、体型が変わりお腹が出るようになってからペニスの見た目が気になるようになったという方が多くおられます。下腹部に埋もれるようになったペニスは見た目もそうですが、包皮が被りやすくなる傾向があり衛生面と共に臭いなどを気にするようになったというお話を良くお聞きします。

 

 

加齢によるペニスの委縮傾向も影響する

人間の体は加齢に伴い、若い頃と違った変化をもたらします。今回の患者様のように体型が変わったことをきっかけに悩みができるケースもあります。ペニスは血管の集合体となりますので性行為やマスターベーションの回数が減ってくることで、ペニスの見た目の印象もだんだんと変化していく方が多くおられます。特に委縮傾向が顕著に表れる状態になると、見た目にボリュームがなくなった印象・シワシワな弾力を失った印象になったとご相談に来られる方も多くお見受けします。このような状態になると相手は気にしないと分かっていても入院時や介護の際のお世話を受ける際にペニスの見た目で恥ずかしいと感じてしまうようです。

 

 

 

見た目に分かりやすい亀頭部。有効な治療とは

ペニスの見た目で特に気になるとご相談の多い部位としては亀頭部の見た目が圧倒的に多い印象です。特に委縮傾向が出てくると先細りの状態に見えるケースが多く、この部分が若い頃に比べて見た目に変化が出やすい部位のひとつだと考えます。性行為が現役の方であれば、この亀頭部の治療をベースにすることで亀頭のハリや弾力を改善し、見た目の印象としてはドシッとした状態になります。目立ちやすい亀頭部がボリュームアップするだけでも、逞しい印象のペニスなると思います。

 

 

 

 

亀頭増大治療で使用する薬剤

近年は様々な注入製剤があり、目的や効果に応じてある程度の選択ができるようになりました。一部の製剤に関しては樹脂的なものを注入することで薬剤自体が残るので効果が高いとの事で大変高額な負担を強いられるものも存在します。しかし、事前に治療リスクを理解し、治療をおこなわないと完全なる異物についてはアレルギー反応や血流障害などが起こり、治療後にトラブルになるケースもあります。

 

注入後、簡単に除去できるといった説明のもと治療をおこなってる男性クリニックもあるようですが、注入した異物を100%除去することは難しいと思われます。一部組織に入り結合してしまったものについては、組織ごと除去する必要があるケースも考えられるため、元々の形状を大きく損なう可能性があります。そのため、当院では安全性を第一に考え、注入製剤の種類や注入量についても厳しい基準のもと治療をおこなっています。術後の血流障害などのリスクを考えますと、この判断を誤ることはできません。

 

 

 

 

患者様のお悩みとは

今後を考えて体型改善も必要だと思っているが、負担少なくペニスの印象を少しでも改善したい。太る前は亀頭部が露出しやすい状態だったが、包皮が被りやすくなった。見た目と露出癖が少しでもつきやすいようにできないかと考えています。

 

 

 

 

東郷院長の診察

お腹が出てきた影響もあり、ペニスが埋もれやすい状態。亀頭部は同世代に多いように委縮傾向がみられるため、希望のあった亀頭増大治療は有効。しかし、露出癖をつけたいのであれば、自覚されているように少しずつでも体型改善の努力が必要。

 

 

 

今回のオペ内容

亀頭増大術
東郷式・スタンドアウト法
タイプL 1cc ¥88,000-
(スポーツ紙連動・治療プラン)

 

 

 

 

術後の患者様

注射のみの治療という事もあり、治療時はあまり緊張されていませんでした。段階的におこなう麻酔もスムーズにおこなえ、治療も問題なく終了。術後直後の状態を確認いただき、ご自身のイメージしていたよりも逞しく見える状態となり、大変お喜びいただけました。しかし、日常生活で少しでもペニス全体の見た目が良くなるよう体型改善のため、注意して欲しい点についてもしっかりとお話させていただきました。

あとは当院よりご案内する術後の注意事項をしっかりお守りいただくことが大切です。例え注射だけでおこなう治療であっても、術後の感染リスクはゼロではありません。しっかりと抗生剤投与および軟膏での対応を患者様自身におこなっていただきます。患部が落ち着くまではペニスの衛生面に注意していただくことが大切です。

 

 

 

(手術時間)
15分から20分が目安となります。

(麻酔について)
局所麻酔。負担が少ないよう段階的に麻酔を行っています。

(内服薬・軟膏塗布について)
当日より当院より処方する抗生剤を服用していただきます。
シャワー対応後、患部にお渡しする軟膏を塗っていただきます。しばらくこの手順で経過観察となります。
術後ケアについては治療後に詳しく内容を記載したものをお渡ししますのでご安心ください。

(経過来院について)
治療後、原則経過来院の必要はありませんが、ご予約のうえで随時対応。

(日常生活や仕事に関して)
当日はできるだけ安静にしていただきます。

(術後の患部の痛み・腫れや浮腫みについて)
麻酔等の影響で 1ヵ月ほど腫れや浮腫みが出やすい。
治療後、個人差はございますが痛みを感じる方が多くおられます。
そのため、痛み止め等の処方を行っておりますのでご安心ください。

(シャワーやお風呂について)
当日よりシャワー対応可能。出血が止まれば、湯船も可能。

(性行為や運動について)
患者様の経過により異なるが、出血が止まれば可能。

(ご来院からお帰りまでの所要時間)
1時間から1時間半ほどが目安となります。

術後は医師の指示に従ってください。

 

 

 

当院よりひとこと

今回のように体型が変化したことでペニスの見た目が気になるようになったとのご相談を多くいただいております。お風呂や温泉などでペニスよりもお腹の方が大きく見えるなど、体型変化の影響をきっかけに悩むようになったという方、大変多いです。特に入院時や介護の際に少しでも恥ずかしくないようにしたいと、それに備えて治療を考えている方も多くおられます。加齢に伴う体力の衰えや体型にも様々な変化が起きてくるのは避けて通ることはできません。治療を受けることで現在のコンプレックスから、完全に解放されるのは難しいのかもしれませんが、例え少しの変化であっても良い状態になれば、不思議と自信が出てくると思います。

 

今回の患者様も受けられた東郷式・亀頭増大術スタンドアウト法の治療ですが、当院独自でおこなっている亀頭増大術の治療法です。比較的少ない注入量であってもポイントを絞り、元々の形状よりも逞しい印象になると多くの患者様に評価をいただいております。亀頭増大術は一般的に注入量が多く必要だとご案内を受けるケースが多いと思われます。しかし、元々の形状を生かして効果的な注入範囲を正しく判断することで注入量を抑えることも可能です。もちろん、患者様の希望する術後のイメージに沿ったご案内をしておりますので、治療をお考えの方は一度ご相談にお越しいただければと思います。

 

 

 

(患者様からの口コミアンケート 一部抜粋)

治療・手術後にいただいた患者様からの口コミアンケート(随時更新中)

 

 

 

完全予約制・男性フロア貸し切り

数ある病院・クリニックから当院を選んでいただきありがとうございます。
ここで皆さまに当院の院内・オペ環境や当院の取り組みについてご紹介いたします。

 

 

明瞭な料金提示

当院の治療費用には診察料・麻酔代・手技料・投薬などの費用がすべて含まれています。
そのため、料金表以外の費用は一切かかりませんのでご安心ください。
詳しくは当院ホームページにございます料金表をご確認ください。

 

 

 

福岡・博多で亀頭増大なら東郷美容形成外科 福岡メンズまでご相談ください。

 

東郷美容形成外科 福岡メンズ
【男性のお悩み相談室 包茎手術】  

フリーダイヤル:0120-15-0605
メール:mens@togo-clinic.net

福岡市博多区博多駅前2-17-26
オオエスビル2階
診療時間10:00~18:00 (完全予約制)
博多駅博多口徒歩3分

 

【医師監修 院長 東郷智一郎】